--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こてつ、再々病院へ担ぎ込まれる。

2015年11月28日 11:03

我が家のPCのご機嫌がよくない今日この頃。

騙し騙し、使っているのですが、

いつどこでご臨終になるかドキドキです。

さてさて。

本日もタイトル通り。

とある週末、土曜日に病院へ担ぎ込み、

それがなんともなくてやれやれと思った・・のが前回の記事。

しかし、次の月曜日にまたしても病院へGO!な、こてつさん。

k201511-98.jpg


原因は、アルミホイル。

最近は、お弁当持参のことが多くなった私。

前日の夜に仕込んであった肉そぼろ。

落し蓋の代わりに使ったアルミホイルをゴミ箱に放り損なったようで、

朝、ついさっきまで「腹減ったー!早くゴハン食わせろー!」と、煩かったこてつが

妙に大人しくなったな・・と思って、様子を確認したところ、

なんと、落し蓋にしていたアルミホイルをガシガシ舐めているではありませんか!

クシャクシャに丸めた状態のホイルの欠片があちこちに散乱していたので、

おそらく、食ったなコイツ・・・という嫌ぁ~な予感。

急遽、午前中に半休とって、病院へGOです。


また病院に連れてこられた・・・
k201511-97.jpg


先生には、よくあるパターンでやっちゃいましたね~、って苦笑いされちゃいましたよ。

ただし、実は、アルミホイルってレントゲンに写りにくいんですよね、とも言われました。

素人にしてみれば、アルミだしレントゲンには写るもんだって、

なんか感覚的に思っちゃいますよね。

けど、案外、写りにくいらしいですよ。

皆さんも気をつけてくださいませ。

それでも、念のためレントゲンを撮ったところ、

やはりレントゲンではアルミホイルの存在は確認されず。

私としても、食いちぎられたアルミホイルが散乱していたのは事実だけど、

それを実際に飲み込んだかどうかはわからないので、

まずは様子をみましょうということになり。

k201511-99.jpg


こてつ自身は、その後もとっても元気で、うんPも立派なの出すし、吐きもしない。

しかし、それから2日後、出ました。

これまた立派なうんPに巻きつく状態で、銀色に輝くブツが出ましたよ。

それにしても、けっこうな大きさだったぞ、あのアルミ箔。

φ1cm×長さ3cmくらいあったもんな。

そのほかに、粒状になったアルミホイルがプチプチと何個か。

結果的に出てきたからよかったものの、

ただでさえ消化器官に爆弾抱えてるっつーのに、やってくれたもんだ。

あ、でも元はといえば、ゴミ箱に放り損なった私が一番悪いのか・・・
スポンサーサイト

こてつ、再び病院に担ぎ込まれる。

2015年11月08日 12:42

はい、タイトル通り。

こてつさん、またしても、病院へ担ぎ込まれることになりまして。

水曜日の夜に、ゼリー状の粘膜がたっぷりついたうんPを出したことが発端。

まあ、これだけなら、ああお腹の調子が悪いんだな、で終わったけど、

翌日に、1回けろっぴし、引き続き、粘膜便を繰り返し回数も多い。

これはおかしい・・・ということで、速攻、病院へGO。

血液検査の結果、リパーゼは62。

いちばん懸念していた、膵炎の再発ではありませんでした。

他にも特に悪そうなところもなく、おそらく、何かの原因で腸内細菌のバランスが崩れたのだろう、

まず薬などは使わず様子を見てみましょう、とのドクターの診断でした。

ただ、下痢を繰り返したせいか、軽い脱水状態だということで、電解質液を皮下点滴してもらって帰宅。

k20151109.jpg

たっぷたっぷになった背中がぽっこり。

この時点では、こてつ本犬は、元気いっぱいの状態であります。

ところが、この後、時間と共に、あからさまに、こてつに元気がなくなって行きまして。

食欲はあるようで、ごはんはパクパク食べるんだけど、

食後、眠くなっても、上半身を起こしたまま(オスワリの姿勢)、ウトウトするだけで決して伏せて寝ようとしないの。

鼻水をポタリと垂らして、プルプル小刻みに震えてるし・・・

決定的だったのが、こてつのボディを触った瞬間、キャンッキャインキャインと激しく痛がったこと。

時間は19時を過ぎて、病院の診察時間は終了してたけど、

一縷の望みをかけて電話したけど、やっぱり留守番電話になっちゃったので、

状況を吹き込んでおいたら、すぐに先生が折り返し電話をくださったので、状況を説明。

そしたら、おそらく、皮下点滴が原因で痛がっているのでは?ということでした。

午前中の血液検査の結果から考えても、その可能性がいちばん高いとのこと。

背中に入れた点滴液は、ゆっくりと体内に吸収されて行くので、浸透までに時間がかかります。

時間がかかれば、どうしても重力の影響で、液剤が腹部側に落ちて行くことになる。

このお腹側に落ちた、点滴液が痛みを誘発するらしく、

背中は、皮下脂肪が厚いので痛みを感じないけど、腹部は皮下脂肪がほとんどないため、

特に小型犬で、痛がってしまう子がよくいるんですって。

点滴液が体内に吸収されてしまえば、痛みはなくなるので、明日の朝には治ってると思うけど、

それでも様子がおかしいようなら、朝一番で連れてきてください、ということで電話を切りました。


電話を切ったあと、もう1度確認するために、こてつをそっと触ってみると、

やはり、水が溜まった部分を触ったときに、キャンッヒャウンと、悲鳴をあげることがわかりました。

ドクターの予想通り。

その後、ゴハンは相変わらずパクパク食べるものの、

食べ終わると、フラフラとした足取りで、触られたくないから私から離れた場所へ行き、

オスワリの姿勢のまま、プルプルと震えて痛みに耐えながら、

ウトウトと睡魔と闘うこてつの姿は、見ているこっちが辛くなるほど。

ちょうど、胸の部分に水が落ちているので、胸の部分が下につかないように、

あご枕の位置を調整した寝床を作ってあげると、ようやく体を預けられるようになったようで、

オスワリの姿勢から、横向きの姿勢になってくれました。

私がしてあげられることは、あとは、水が溜まった部分を温タオルで温めて、循環を促してあげることだけ。

もう本当に可哀想でたまらなかったです。

ひと晩経ち、こてつを触ってみると、たぷたぷ溜まっていた水がほとんど引いており、

と、同時に、こてつ自身、痛みがかなり軽減しているようで、昨夜に比べたら動きが違います。

伏せの姿勢を取れるようになっているので、痛みが引いているのだと思います。

今日の午前中は、まだちょっと元気がなかったのだけど、

これは、ピーピーがまだ完全には治まっていないこと、

昨夜はおそらく痛みであまり眠れなかったであろうこと、などが原因にあったのかと。

その後は、ぐんぐん元気が戻ってきましてね。

夕方には飛んだり跳ねたり、咥えたお菓子を奪おうとするとガルガル怒るパワーも復活!

k20151109-2.jpg

元気なこてつが、また戻ってきてくれました。

ちなみに、↑お菓子の袋は、こてつを落ち着かせるために、だいたいいつも咥えさせています。

もちろん、ただ咥えさせているだけ。

決して食べさせたりはしていません。

特に、チョコレート系お菓子や、脂肪分の高いものは、私が寝る直前と仕事に行く際には取り上げます。

でも、こうして何かを咥えて(自分の手の内にあると)いると、それを守るのが彼のお仕事になるようで、

騒いだり、わがままを言ったりしなくなるので、我が家では、基本いつもこんな感じ。


ところで、こてつが苦しんでいた土曜日の午後。

実は、私も冷や汗・脂汗を流して苦しむ出来事がありましてね。

簡単に書くと、お昼寝をしていて、寝返りを打った際に背中左側の筋肉が、突然、攣ったのですよ。

夢の中で寝返りを打ったような・・・記憶なので、実際に寝返りをうったのかはわかりませんが、

もうね、痛みと苦しさで、息が出来ない。

冷静になって呼吸しろー、って自分に言い聞かせて、1つ1つ浅い深呼吸するみたいにしてやっとの呼吸。

座っても立ってもいられなくて、挙句に冷や汗なのか脂汗なのか、

体中の毛穴からブワーって汗が吹き出てくる。

これ救急車を呼ばないとヤバイか?って、本気で思ったほどの痛みというか、苦しさだったの。

トイレに行きたい感覚に陥るので、トイレに駆け込むも、ぜんぜん出ない。

トイレで背中の痛みに苦しむこと30分ほどで、スーっと収まる苦しみ。

ほっとして、部屋に戻っても、また30分くらいすると、ぐぐぐって感じであの苦しみの波が襲ってくる。

で、またトイレ。

これを4時間で4~5回ほど繰り返して、気がついたら、波が襲ってこなくなって、

まるで、あの痛みと苦しさが嘘のように普通に戻りました。

いったいなんだったんだろう?

まさか、石・・・ですかね?

こてつの看病をしつつ、自分も冷や汗かきながら悶え苦しんだ土曜日の午後。

いやーさすがにしんどかったっス。

来週の土曜日、病院に行って来ないとマズイかな・・・今度は私が。

     

3ヶ月目の検診

2015年09月27日 10:53

今日、こてつさん、膵炎後3ヶ月目の検診でした。

元気、食欲、おしっこ、うんP、どれをとっても、特にこれといった問題なしで過ごしているこてつ。

前回も書いた通り、膿皮症だけがちょっと目に見える問題点かな、といったところ。

でも、薬は使わないことにしていますので、先日から精油を使って症状緩和を試みています。

いやーそれにしても、か~なり久しぶりにアロマの参考書を開きましたよ。

知識って、継続して学んでおかないと薄れますねぇ・・・あぶないあぶない。

k20150922-1.jpg

さて。

膿皮症とアロマの関係については、また近いうちにUPするとして、

3ヶ月検診の結果ですが、正直、日々のこてつの一挙手一投足にドキドキ緊張しない日はありませんでした。

食後のケプッ(人間でいうゲップ)、食後数時間たったあとの寸止めリバース、

祈りのポーズに似たストレッチの体勢・・・あれこれ、消化器症状か?と思われる動きが出ると

一気に緊張しますもんね、今でも。

だから、検診前日から私自身がとても緊張していたのね。

それをこてつも察知したのか、病院に行く直前にまさかの軟便。

退院してから今までこんなユルイのしたことなかったのに、何故~!?


↓病院到着。 写真じゃわからないけど、実は恐怖のあまりすっごい挙動不審だったこてつさん(笑)
k20150926-1.jpg


土曜日ってこともあってか、病院混んでたなぁ。

ざっと見た感じ、ニャンコさんが多かった。

さてさて、いざこてつの番がやってきて、先生にこれまでの様子を伝え、早速、体重測定から。

なんと。

5.0kg切ってた!

朝ごはん食べてないのもあるけど、4.8kgまでになってたよ♪

いやね、細くなったなーとは常々思ってたけど、まさか5kgきってるとは。

先生や看護士さん達も、おお!!って感嘆の声上げてた(笑)

素晴らしい!ぜひともこの体重を維持しましょう!って。

その後、触診、血液検査、レントゲン、エコー、眼圧検査もしてもらいました。

触診、心音、問題なし。

レントゲン問題なし。

むしろ、入院直後のレントゲンと比べたとき脂肪の厚みが半分です半分(笑)

膵炎による強制ダイエット・・・いいのか、悪いのか

眼圧は、もちろん問題なし。

エコーも問題なし。

退院時のエコー同様、胆泥がやや溜まっているものの、この程度であればまったく問題ないとのこと。

その他の臓器に関しては獣医の教科書に載ってるみたいに綺麗ですよ~、って言ってもらえたぞ♪

k20150926-2.jpg

いちばん気になっていた血液検査の結果。

心配していたリパーゼは50(~160U/I)。

先月よりもさらに下がってて良い感じ♪良い感じ♪

入院時から、検査の度に地味にじりじりと嫌な上昇もしくは下降していた肝臓関連の数値たちも

すべて、すっかり正常範囲内の居心地よさげなレベルに収まってました!

もちろん、その他の結果も一部を除いてまったくもって良好でしたよ~

その除いた一部っていうのが、TPとALB。

こいつらが、基準値より低く出てしまったのですが、これはおそらく朝ごはんを抜いていたせいと、

こてつの食事を慎重にするあまり、本来、彼に必要な栄養の100%を摂取できずにいたせいかと。

そのため、今回の結果を受けて、こてつのゴハンを少し変化させます。

1日160gのi/d缶に、高たんぱく低脂肪の肉類や野菜、乳製品をプラスします。

半フード+半手作り、っていう感じですね。

考えてみれば、これが、こてつの健康にとって、いちばん理想的な形かもしれません。



とにかく、こてつさん、元気で健康な子に戻りました!

応援してくださった皆さん、ありがとうございました

退院から1ヶ月

2015年08月15日 20:59

こてつ、7月1日に急性膵炎を発症、7月3日に緊急入院しました。

一時は、本当に危険な状態まで行き、

覚悟を決めなくてはいけない・・と思った時もありました。

あれから1ヶ月半が過ぎ、こてつ、すっかり元気になりました。

食欲も旺盛、2kg近く減って軽くなった体で飛び跳ねるように毎日遊んでいます。

最後の血液検査の結果も、

犬膵特異的リパーゼの値が87、CRPが0.97 と完全に正常値内に。

CRPに関しては、採血時にまだ背中の傷がまだパックリいっちゃってたので

おそらくはココの炎症を拾ったために、正常値内ではあるものの、この高値だったと思われます。

獣医先生からも、膵炎は治った(というか落ち着いた)と見ていいでしょう と言われました。

ただ、膵炎は再発を繰り返すことがとても多い病気であるため、

特に食事に関しては、生涯慎重にやって行く必要があると、私自身も肝に命じています。

k20150815-1.jpg

また、背中の注射痕も、瘡蓋が剥がれ切るところまで来まして、もうほとんどよくなってます。

ただし、毛が抜け落ちた傷口は10円ハゲ状態

k20150808-1.jpg

ここ、また毛生えてきてくれるのかなぁ?

毛並と毛艶のよさが自慢の子なのよぉ~


でね、こてつ、元気は元気なんだけど、

エアコンや扇風機の風が直接当たってしまうと寒いのか、

この時期だというのに、かぶと虫の幼虫みたいに、まん丸になって眠ることが多いです。

k20150808-2.jpg

はじめは、またお腹が痛いのかと思って、2~3日注意深く様子を見ていたのだけど、

お腹を押しても張った感じもなく、触っても本犬も嫌がらないので、お腹が痛いわけではなさそう。

エアコンや扇風機の風が直接当たらない場所では、丸くなることがあまりないことから

どうやら、冷風が直接お腹に当たるのが嫌みたいです。

・・・たぶん。 

それで合っていてくれ、と願います。

痛い、つらい、気持ち悪い、せめてこれだけでも言葉を発してくれたらいいんですけどねぇ。

きっと、コレ、思ってる飼い主さん、世の中に多いよね。

↓トビネズミみたい(笑)
k20150726-1.jpg



退院から1ヶ月。

すっかり元気とはいえ、まだまだ100%気が抜ける状況ではないです。

今も、こてつのちょっとした動作に緊張が走ることも、しばしばあります。

実は、私、逆流性食道炎を患っているんですけど、

これが5月~薬で治療していてだいぶ良くなってきてたんですよね。

ところが、こてつが膵炎になってから、やっぱりストレスが原因ですかねぇ・・・

また後退・・・悪化しているっぽいのよね。

最近、またまた背中の痛みと胸焼けが酷くなってきました。

さらに食べ物がスムーズに落ちて行ってくれないので、食道に焼けるような痛みが走るのね。

これがね、なったことないとあまり想像できないかもしれないけど、けっこうシンドイんっスよ。

5月に胃カメラを飲んで、その結果、逆流性食道炎がわかりました。

胃炎も数箇所見つかったんだけど、癌やピロリ菌はないってことで、まあそこは幸いでしたけど。

逆流性食道炎も、再発を繰り返しやすい病気ですしねぇ。

また病院行ってこなきゃ、今度は私が。

はぁ・・・参った。



8月15日、夏の雲。
k20150815-2.jpg










元気です!

2015年08月02日 00:20

退院からまる2週間。

退院後、最初の血液検査の日でした。

本当は退院から1週間後の先週の土曜日に検査予定だったのが

背中のコブ汁ブッシャー のおかげで、1週間延びちゃったからね。


実は、木曜日、2回目のごはんの後、3時間くらいして、ゲロっぴしてしまったこてつ。

その30分くらい前から、口元をぺちゃぺちゃしたり、

ぬいぐるみ相手に腰フリしてもすぐに止めてしまったりと、何か怪しかったんですよね。

だから、私も注意深く、こてつの様子を伺っていたのですが、

22時少し前に、とうとうケッポリ。

ケポったものは、真っ白なふんわりした泡。

胃液だけでした。

その中に、ちょっぴりだけフードの片鱗と、毛が1~2本からんだ塊もあった。

ただ、その後も本犬は、いたって元気で、むしろ、お腹空いたー!お腹すいたー!と五月蠅いので

吐いたものを見ても、空腹すぎて吐いたのかな・・と判断。

3回目のごはんを1時間早めて、量を5g減らして与えてみました。

あっという間の完食で、かつ、その後はとっても元気。

その後も吐くことはなかったので、やはり空腹から来るケッポリだったと思います。

でも、膵炎後の初ゲロですしね・・・冷静に対処したはしたけど、やっぱり緊張が走りましたよ~。

20150704-1.jpg

さて、そんなことも含め、先生にこの1週間の出来事を話し、

退院後の初検査。

血液検査だけと思ってたら、念のためエコーも確認することになりました。

結果、素人の私からすると、何が違うのかぜんぜんわかりませんでしたけど、

先生曰く、入院中とはぜんぜん違って、スッキリしてだいぶ改善してるよ、と言っていただけました♪

胆汁が少し溜まってるけど、今回の程度であればほとんど問題はないとのこと。

ただ、膀胱炎はまだ残っているようで、膀胱壁が3mm弱近くあるとのこと。

健康な膀胱の場合、この膀胱壁は1mm程度だそうで、

膀胱炎があると膀胱が自分で自分を守るために壁を厚くするんだそうです。

ホント、生物の体って、よく出来た精密機械です。

まあ、この膀胱炎については自ずと治まってくるでしょうから、心配は要りませんとのことでした。


次に血液検査の結果。

ALT以外は比較的良好。

リパーゼは72と完全に正常値に戻っていました。

けど、これは、犬膵特異的リパーゼ(SPEC-CPL)を見なければ診断は下せないので

とりあえずの安心材料の1つである・・と言ったところ。

退院時も、院内リパは156(~160) と、これだけ見ればかろうじて正常値でしたが、

SPEC-CPLは300(≧200)でしたからね。

今日が土曜日なので、結果が出るのは月曜日です。

また、おしっこの調子を見ていて少し心配していたBUNもまったく問題なし。

実際には、100%問題ないわけではなく、むしろこのBUNの数値が低いので、

逆に言えば腎臓よりも肝臓に不安要素的な?

・・・っていうか、入院中からじりじりと上昇していたALT。

これが、今回、正常値をわずかに上回って出ており、緩やかにでも確実に上昇を続けているのが気になる。

先生は、この程度なら何の問題もないですよ、と言ってくれたけど、

BUNが低値であることや、ALPもまだ若干ですが、高値で出ている点など、

肝臓に関係する数値がすべて引っかかっているのがどうもねぇ・・・不安っちゃ不安です。

まあ、この1ヶ月は100%薬漬けでしたからね。

肝機能もおかしくなりますよねぇ・・・。

腎肝膵、この3つの臓器 はトラブルが起こると本当にやっかいな場所だということで

先生曰く、この消化器3点ゾーンは「魔のエリア」。

だからこそ、今回の数値、ドキドキしちゃいますよー。


でもね、今回の血液検査の結果、背中の注射痕の傷、膀胱炎のこと、総合して判断し、

とりあえず、本日をもってすべてのお薬が終了となりましたので、

薬剤の影響がなくなった次の血液検査で、肝機能に関する数値が改善されていることを信じます。

20150726-1.jpg

最後に先生が、一時はどうなるかと思うほど深刻な状態まで行ったけど、よく頑張った。

まだ7歳だから、20歳を目標に長生きしような!って、言ってくれました

25歳はどうですか!ってツッコミ入れたら、先生もさすがに、25歳かぁ・・・って苦笑いしてましたけど(笑)

でも、先生の言葉から、膵炎を患った子でも、その後のケアで20歳近くまで長生きすることが

可能なんだって思えたこと、嬉しかったです。

こてつと暮らし始めて7年。

この子の存在が、私の中でどれだけ大きいか・・・っていうレベルじゃなく、

こてつの存在が、今の私を生かしてくれているんだな、って、改めて気付かされた今回の膵炎騒動。

無病息災よりも、一病息災。

これからも、こてつとずーっと一緒に幸せに生きて行くことをここに誓います♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。