--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのお散歩!

2011年03月29日 19:11

原発事故以来、放射性物質のこてつへの影響が不安で

まったくお散歩していなかった我が家ですが、

お友達からの後押しもあって、腹をくくって3日前からお散歩再開いたしました!

2週間ぶりの「お散歩行く?」の言葉に、うちのメタ坊ちゃま、

もう散歩行かなくてもいいくらい運動してるんじゃない?ってほどに狂喜乱舞し、

最終的に、カーペットに思いっきりウレションしてくれました

・・・ああ、それだけ待ちわびていたのよね

この3日、毎日1時間ほど歩いて飼い主ともども、ダイエットにいそしんでおります。



そして、ポカポカと暖かい1日となった今日、久しぶりに井の頭公園へ行ってきました。

しかし、お散歩自粛中に、さらにメタボが加速した我が息子。

黒毛皮のデブには今日の陽気はすでに暑すぎるらしく、20分ほどでハーハー言って帰りたがりまして。

それでも日陰を選んだり、お水で体を濡らしたりしながら、なんとか40分弱歩いてきました。

110329-10.jpg



で。

ついでなので、飼い主のランチも吉祥寺で。

本日のお店は「ビストロ・シュリー」。

昨年6月にOPENしたばかりの、お洒落なフレンチビストロです。

オーナーシェフはフランスの方で、お店の雰囲気も合わさって

ここは吉祥寺じゃなくて、神楽坂にいるような気分になります。

わんこOKなのはテラス席のみですが、もうこのくらいの陽気になれば、

むしろテラスのほうが気持ちいいですよね♪

110329-16.jpg


ランチメニューは、何種類かあるんですけど、

本日は、こちらの売りらしいガレットのランチセットをチョイス。

ガレット、サラダ、スープ、ドリンクのセットです。

【サラダとスープ】
スープは日替わり。今日のスープは「春キャベツのポタージュ」でした。
110329-8.jpg



【ガレット】
「ハムチーズと目玉焼きのガレット」。
110329-5.jpg

ガレットの中のハムとチーズがたっぷりしっかり入っているので、
半分も食べると、お腹に重くなってきます。
塩味もちょっと強めなので、めちゃくちゃアルコールが飲みたくなります。

つか、本当はシードルを頼みたかったんですよ。
だけど、今回は時間がないため、アルコールはなしにしたんですが、
シードルや白ワインなんかがすすむ美味しさでした。


【デザート】
「ファーブルトン」。
まさかの抹茶色。てっきりカスタード色の普通のが来ると思ってたからビックリ。
でも、もっちりずっしりで美味しかったよ♪
110329-6.jpg


今日のこてつ写真は、ぜ~んぶ舌出してハーハーしてる写真ばっかり
メタ坊ちゃま、テーブルに片手乗せて、なんかすごいオッサンっぽいよ・・・

110329-18.jpg


井の頭公園の桜はまだ硬いツボミ。でもピンク色が濃くなっています。もうチョットだね!
110329-22.jpg



【ビストロ・シュリー】
http://r.gnavi.co.jp/gaae400/
 
スポンサーサイト

原発事故とメタボ犬とお散歩と。

2011年03月23日 22:50

【ご協力をお願い致します】

緊急災害時動物救援本部
※被災したペットを保護・救護救済する募金活動と支援物資募集を行っています。

Natural Dog Style(活動ページ→ http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html
※ペット同伴可能な、避難所・仮設住宅の確保と増設を求める署名活動を行っています。




福島第一原子力発電所の事故から10日余り。

みなさん、ワンちゃんのお散歩どうされてます・・・?

我が家は、過保護かもしれませんが、どうにも不安で事故以降お散歩に行っていません。

また、うちの近所でもあれ以来、犬の散歩してる人をほとんど見なくなりました。

この辺は住宅地なので、犬飼いのお宅が多くて、

地震前までは、外に出れば1人2人、必ずお散歩させている人がいたんですけど。

やっぱり皆さん、自粛してるのかな。

うちは、散歩しない代わりに、家の中でそれなりに遊ばせているつもりではいるんですが、

やっぱりお散歩とは発散エネルギー量が大幅に違うんでしょうね。

メタボっぷりがさらに急激に加速しております


↓これ・・・コーギーじゃありませんよ、チワックスですよ
しっかし、何なんでしょうか、このボディ(笑)
110308-6.jpg

獣医先生からダイエット指令が出てからは、

おやつもごはんも減らし、散歩の距離を増やし、毎日公園でダッシュさせ。

それなりに頑張ってたんですけど、こてつも私もそのペースがつかめてきた矢先の原発事故。

東京都の場合、人間への健康被害はまったく心配しなくていいレベルと言われてはいますが、

いくらメタボだって、人間よりはるかに小さい生き物ですし、

お外へ行けば、あっちこっちに鼻をつけてクンクンクンクンしますもんね。

・・・困っちゃいます。

110308-66.jpg


原発問題はなかなか収まらない・・・どころか、今度は野菜や水からまで放射性物質が検出。

我が家は、もともと水道水はこてつも含め、食用にも飲用にもしていません。

多少割高にはなるけど、3カ月毎にミネラルウォーターをまとめ買いしています。

もちろん、こてつが飲むことを考えて、ミネラル分の少ない超軟水です。

今回は1ヵ月前に購入していたおかげで、まだしばらくは大丈夫ですが、

実店舗はもちろんネットでも、お水もう本当にことごとく在庫切れですからね。

うちの在庫はあと1ヵ月分くらい。

その頃には、いつものショップで平時のようにお水が買えるかなぁ・・・。



そんなこんなで、メタボ加速中なため、一昨日からごはんが1日1食になった我がメタボ犬。

常に「腹へった」「何か食わせろ」とうるさいです(笑)

小さく小ぁ~さく千切ったささみジャーキーを騙しだまし食べさせて誤魔化してしますが、

お散歩に行けないフラストレーションと、まともにゴハンを食べさせてもらえない切なさで、

日々、どんどん気だるいデブ犬に進化しとります。


連日、現場で命を賭け、懸命に作業を続けてくれている作業員とレスキュー隊の方々には

心からの感謝と敬意を払っていますが、

まずは放射性物質の拡散をなくし、1日も早く原発問題が終息に向かいますように願うばかりです。



↓「早くお散歩に連れてってくださいよ。」
110308-34.jpg

・・・わかってますって

でも、もう少しだけ我慢してくださいな。


震災、その後。

2011年03月21日 01:01

東北地方太平洋沖地震から1週間以上が過ぎました。

まだまだ被災地では、たいへんな御苦労をされている被災者の方が大勢います。

が、それでも、少しずつライフライン、幹線道路などの復旧が始まってきています。

仮設住宅の建築着工が始まった地区もあり、本格的な再生に向けての動きが始まっています。

被災地でたいへんな思いをされている皆さん、

難しいかもしれませんが、どうか、体調を崩さないように大事にしてください。



そして、ここでお知らせとご協力のお願いを。

ポチたまでおなじみの松本秀樹さんが主催する"Natural Dog Style"では

災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名


の協力を呼びかけています。

私も初めて知ったのですが、仮設住宅ってペット連れての入居ができない場合が多いらしいです。

避難所なら壁も仕切りもなく多くの人が身を寄せ合うわけですから理解できるんですが、

仮説住宅って、個人個人で入居するお家のことですよね?

それでも、やっぱりペットはNGっていうのが、国の考えがちょっと意味わからないですが・・・。

署名用紙を郵送しなければいけない、っていうのが若干、手間ですが、

この運動が功を奏して、今後、また災害が起きたときに

"ペットと常に一緒に居られる場所" が当たり前に確保されることを願って。

どうか皆さんのご協力をお願い致します。。



さて。

うちのこてつさんの話しですが。

巨大地震後、甘えん坊具合にかなり拍車がかかっています。

地震当日のように、常にぴったりくっつきたがるというのはなくなりましたが、

私の姿が見えなくなるのを嫌がります。

私が、隣りの部屋へ移動したり、キッチンに立つと必ず一緒についてきてます。

地震前までは、私が外出してもぜんぜんツレなかったのが、

今は、郵便受けに郵便物を取りに行って帰ってくるだけでも、大騒ぎして喜びます。

30分以上外出しようものなら、帰宅するとキャインキャイン鳴き叫んで喜んでます。

また、ちょっと大きめの余震が来ると、私に抱っこをせがむようになりました。

やっぱり、あれだけの地震あと、暗闇の中10時間以上ひとりで留守番していたんですからねぇ。

ペットにもPTSDがあるらしいですし、ちょっと心配です。

110308-41.jpg


そんなこてつの様子を見ていると、

やっぱり四六時中こてつと一緒にいられる仕事をし続けたいな、と思っちゃいます。

家族やご夫婦でのわんこ飼いだと、事情はあれど、まあいろいろ解決策もありそうですが、

シングルマザーは、いろいろ悩みがつきません・・・。

実は、今回の震災で家族から 「これから何かあったときのことを考えると、

やっぱりお前も俺達と一緒に暮らしてた方がいいと思うんだ」って言われました。

きっと、私がちゃんと嫁に行ってれば言われなかったであろう言葉。

正直、ここまでいい年こいても、そんなに "結婚" にはこだわりがなかった私ですが、

ん~、ちょっと今年から真剣に婚活してみっかなぁ。

あーあ・・・

110308-49.jpg

緊急災害時動物救援

2011年03月16日 01:03

地震から5日経ち、余震も少なくなってきました。

私個人的なことですが、名取市閖上の親族の安否が未だわかっておりません。

ほぼ海辺に住んでおりましたので、あの壊滅状態を見る限り不安は募りますが、

それでも今は信じるしかありません。




さて、今回の災害では多くのペットも被災しています。

小型の場合は、飼い主と共に避難したペットも少なくないようですが、

あれだけの大災害です。

人間が逃げるのだけでも必死だったはずで、直接被災しているペットが多いかもしれません。



ペケットサイトで 緊急災害時動物救援本部 の義援金を募集しています。

緊急災害時動物救援本部は、大災害時などで被災動物(主にペット)を

救護救済する事を目的に設立された団体で、母体は動物愛護協会です。


ペケットサイトでは1口¥200で募金ができます。

緊急災害時動物救援本部から直接の募金もできます。

もしも、可能ならば、ご協力をお願いします。



人間が最大に優先されるべきなのはわかっています。

でも、ペットも大切な家族です。

私も僅かながら、地震義援金、ペット義援金それぞれ幾らか募金させていただきました。

善意も動き出さなきゃ意味がない。

同じペットを飼っている者同士、ほんの少しでもやれることから動き出してみませんか?




【緊急災害時動物救援本部】

■組織団体
社団法人日本獣医師会
財団法人日本動物愛護協会
社団法人日本動物福祉協会
公益社団法人日本愛玩動物協会
社団法人日本動物保護管理協会

■緊急災害時動物救援本部の主な活動内容
被災動物の救護等のための人材派遣・物資提供・資金供与
救護活動を円滑に実施するため、政府・都道府県等の関係行政機関との連携
緊急災害発生時の効率的な救護活動のための予防措置

■これまでの実績
1995年 兵庫県南部地震(設立前)
2000年 有珠山噴火災害
2000年 三宅島噴火災害
2004年 新潟県中越地震
2007年 大阪府ブルセラ病感染犬等救援
2007年 新潟県中越沖地震

東北地方太平洋沖地震

2011年03月12日 13:20

2011年3月11日 14時46分 東北地方太平洋沖地震が発生しました。
ご家族、ご愛犬、それぞれ皆さん、ご無事でしょうか。

私の兄は宮城県名取市在住です。
宮城県在住なので、多少の大きな地震は何度か経験しているので、
防災意識はおそらく私よりはある兄ですが、
やはりあの時、すぐには連絡が通じず心配と不安でいっぱいでしたが、
数時間後、ようやく連絡が取れまして、兄家族の無事を確認できました。
とりあえず、それで1つ安心。
ただ、宮城県の状況は惨憺たるものだそうです。
地震直後に、兄家族は実家のある秋田へ避難を開始したようですが、
地震の影響は東北地方全域に及ぶようで、
まず、高速が寸断され使えない、一般道の大渋滞、そして、大規模な停電の影響で
ガソリンも思うように入れられず、普段なら2時間程度で着くはずの実家まで
5時間経っても到着できず、昨夜は車中泊で夜を明かしたようです。


また、地震発生時、私は浜松町の喫茶店で、友達と喫茶店にいました。
最初は軽い揺れに「いつもの地震か」と甘く考えていましたが、
揺れは次第に大きくなり、しかも、とても長い時間(おそらく2分かった)の揺れに
どんどん恐怖を覚え、何より、1人留守番をさせているこてつが心配でたまりませんでした。

すぐにでもこてつの元に帰りたかったけど、首都圏鉄道はすべて運転見合わせ。
「日比谷公園へ避難してください!」の声が響く中、
なんとか東京駅までは歩いて、豊洲在住の友達は最後まで私を心配してくれましたが、
すぐにでも帰れる彼女には、ひとまず帰ってもらいました。
その後、「今夜はうちにおいで」と電話とメールを何度も送ってくれた友達。
でも、その電話もメールも不通になり、東京駅でただただ途方にくれるだけの時間を過ごしました。

そうして、約8~9時間くらいでしょうか。
もう今夜は東京駅で夜を明かすしかないのか・・・と諦めかけたところに、
地下鉄が一部運行を再開したとの情報が入ったので、
徒歩と地下鉄を乗り継ぎ、なんとか帰ってくることができました。

・・・本当に疲れました。

"帰宅難民" ・・・自分がこの言葉に当てはまる経験をするなんて思いもしませんでした。

地下鉄は朝のラッシュなんて目じゃないくらいの混雑。
「とにかく、こてつの元に帰らなきゃ」という一心でなんとか頑張ってきましたが、
さすがの私も途中で少しずつ気分が悪くなってきてしまって、
冷や汗は出るわ、気持ちも悪くなってくるし、途中で何度か挫折しそうになりましたが、
帰り途で知り合ったネパール人の男性とお互いに励まし合いながら、なんとか最寄駅まで耐えられました。


地震発生から10時間経って、ようやく家にたどり着きましたが、
こてつも相当に怖かったようで、玄関を開ける前からキュイーンキュイーン鳴いて
普段は鳴くなんてことないのに、私が玄関を開けるのを待ちわびていました。
それからはしばらくの間、私にぴったり張り付くようにして離れません。
私が部屋の中を移動しても、足に絡みつくようにくっついてきます。
やはり、巨大地震後のひとりぼっちの10時間はかなり心細かったのだと思います。

こてつが無事でよかった。家族が無事でよかった。
物質的な被害はありますが、とりあえず命あるものが無事だったのがは本当によかったと思います。
本日になっても、友達、親戚からの連絡が続々届いています。
皆さん、心配してくださって、本当に本当にありがとうございます。

昨夜は、余震が続き、さらに、震源が多発するというなんとも不気味な一夜でした。
体は疲れて眠くてたまらないのに、恐怖心でまったく眠れませんでした。
夜が明けて、ようやく余震も少しずつ収まってきたあたりで気がつけば眠っていました。

地震発生から1日経って、家族の無事が確認されたことに対する安心感と、
ニュースで見る凄惨で悲惨すぎる被災地の状況を見ると、涙を我慢できません・・・。


海外からも続々支援の声が届いています。
本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。
また、海外のメディアではこんな言葉が発表されたそうです。

「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。
犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動はとれないだろう。
日本人は文化的に感情を抑制する力に優れている。」

「日本の国民はミラクルだ。
被害は確定しないが、他国だったら数倍の被害になっていただろう。
ハイチの500倍以上の威力の地震で津波到達まで5分しか時間ない中で、信じられない対応だ。
この国民には常に準備がある。
この国は常に事態に準備ができるのだ」


日本人ならきっと頑張りぬけます!
絶対に立ちあがれます!
それが、我々日本人の誇りなのですから。

甘やかされん坊

2011年03月09日 17:54

甘やかし過ぎなのはわかってます。

ええ、ええ、甘やかし過ぎてますわ。

だけど、また買っちゃうんですよねぇ・・・

新しいオモチャ

110309-12.jpg

こてつさんってば、1人っ子のくせに・・・いや、1人っ子だから?

甘やかされまくり、オモチャ、50個以上くらい持ってます。

いや、もちろん私が次々に新しいの買い与えちゃうからなんですけどね

だけど、この顔見せられちゃうと、また新しいオモチャ買っちゃうのよね~。

110309-14.jpg

うちのメタ坊ちゃま、オモチャを壊すまで遊ぶことがほとんどありません。

遊び方が丁寧というか、しつこく遊んでもほとんど破壊しないんです。

ラバー、プラスチック、そして編み込み系のオモチャは好きではないようで、

新しいのを与えても、ほとんど見向きしないので、

そういう素材のオモチャは5個あるかないかくらいしか持ってないけど、

ぬいぐるみ系はホントに大好き!

中にプープーなる笛が入っているものは特に大好きなので、いちばん持っているオモチャですが、

どんなに激しく遊んでも、せいぜい縫い目がほつれる程度なので、

裁縫して修復すれば、また十分に遊べるレベルに戻ります。

110309-10.jpg

プープーが壊れちゃって捨てることはあるけれど、中の笛が壊れなければ、

まず捨てることがほとんどなくいから、基本、洗って繰り返し使ってます。

だからね、本当はもう新しいオモチャもしばらく要らないんだけど・・・

母は買っちゃうんだなぁ、どうにも甘やかしちゃうわ


だって、新しいオモチャをあげると、すご~く嬉しがるんだもーん♪

メタボなくせに、こんなにジャンプして喜ぶんだもーん♪

デブだって、オモチャのためなら、高く飛べるのだ!

110309-15.jpg


うん、これからも甘やかし続けるんだろうなぁ・・・間違いなく(笑)

えーい!

甘やかしまくるぞー!!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。