--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ヶ月目の検診

2015年09月27日 10:53

今日、こてつさん、膵炎後3ヶ月目の検診でした。

元気、食欲、おしっこ、うんP、どれをとっても、特にこれといった問題なしで過ごしているこてつ。

前回も書いた通り、膿皮症だけがちょっと目に見える問題点かな、といったところ。

でも、薬は使わないことにしていますので、先日から精油を使って症状緩和を試みています。

いやーそれにしても、か~なり久しぶりにアロマの参考書を開きましたよ。

知識って、継続して学んでおかないと薄れますねぇ・・・あぶないあぶない。

k20150922-1.jpg

さて。

膿皮症とアロマの関係については、また近いうちにUPするとして、

3ヶ月検診の結果ですが、正直、日々のこてつの一挙手一投足にドキドキ緊張しない日はありませんでした。

食後のケプッ(人間でいうゲップ)、食後数時間たったあとの寸止めリバース、

祈りのポーズに似たストレッチの体勢・・・あれこれ、消化器症状か?と思われる動きが出ると

一気に緊張しますもんね、今でも。

だから、検診前日から私自身がとても緊張していたのね。

それをこてつも察知したのか、病院に行く直前にまさかの軟便。

退院してから今までこんなユルイのしたことなかったのに、何故~!?


↓病院到着。 写真じゃわからないけど、実は恐怖のあまりすっごい挙動不審だったこてつさん(笑)
k20150926-1.jpg


土曜日ってこともあってか、病院混んでたなぁ。

ざっと見た感じ、ニャンコさんが多かった。

さてさて、いざこてつの番がやってきて、先生にこれまでの様子を伝え、早速、体重測定から。

なんと。

5.0kg切ってた!

朝ごはん食べてないのもあるけど、4.8kgまでになってたよ♪

いやね、細くなったなーとは常々思ってたけど、まさか5kgきってるとは。

先生や看護士さん達も、おお!!って感嘆の声上げてた(笑)

素晴らしい!ぜひともこの体重を維持しましょう!って。

その後、触診、血液検査、レントゲン、エコー、眼圧検査もしてもらいました。

触診、心音、問題なし。

レントゲン問題なし。

むしろ、入院直後のレントゲンと比べたとき脂肪の厚みが半分です半分(笑)

膵炎による強制ダイエット・・・いいのか、悪いのか

眼圧は、もちろん問題なし。

エコーも問題なし。

退院時のエコー同様、胆泥がやや溜まっているものの、この程度であればまったく問題ないとのこと。

その他の臓器に関しては獣医の教科書に載ってるみたいに綺麗ですよ~、って言ってもらえたぞ♪

k20150926-2.jpg

いちばん気になっていた血液検査の結果。

心配していたリパーゼは50(~160U/I)。

先月よりもさらに下がってて良い感じ♪良い感じ♪

入院時から、検査の度に地味にじりじりと嫌な上昇もしくは下降していた肝臓関連の数値たちも

すべて、すっかり正常範囲内の居心地よさげなレベルに収まってました!

もちろん、その他の結果も一部を除いてまったくもって良好でしたよ~

その除いた一部っていうのが、TPとALB。

こいつらが、基準値より低く出てしまったのですが、これはおそらく朝ごはんを抜いていたせいと、

こてつの食事を慎重にするあまり、本来、彼に必要な栄養の100%を摂取できずにいたせいかと。

そのため、今回の結果を受けて、こてつのゴハンを少し変化させます。

1日160gのi/d缶に、高たんぱく低脂肪の肉類や野菜、乳製品をプラスします。

半フード+半手作り、っていう感じですね。

考えてみれば、これが、こてつの健康にとって、いちばん理想的な形かもしれません。



とにかく、こてつさん、元気で健康な子に戻りました!

応援してくださった皆さん、ありがとうございました
スポンサーサイト

こてつの最近 ~退院から2ヶ月

2015年09月22日 00:07

7月1日の悪夢から3ヶ月近く経過し、退院してから丸2ヶ月になりました。

その後のこてつですが、元気です♪

k20150829-1.jpg

身体に残っていた、注射痕のボコボコも日に日に小さくなって、

あとは左右の腰部分に2ヶ所、硬いしこりとなって残っているのみまでになりました。

このしこりについては、先々週、病院に行ったときに、

先生がだいぶ固くなってるね、と、訝しげな顔したけど、

しこり自体は日に日に確実に小さくなっている旨を話したところ、

じゃあ、もう少し様子を見ましょう。という結論になりました。

k20150811-1.jpg

もう1つ心配な点といえば、膿皮症がまた始まったってトコですかねぇ。

膿皮症は、もともと持ってる子だったんだけど、

膵炎治療で抗生剤とかバンバン使ってたせいで、一緒に膿皮症も治って行ってたのさ。

ところが、薬を卒業して1ヶ月過ぎるくらいから、また膿皮症が復活。

もちろん、ドクターにも相談したんだけど、(膵炎の際に)あれだけ薬漬けの日々を送ったばかりなので

また薬というのは身体的にしんどいだろうということで、薬は服用せずに様子見になりました。

涼しい季節になれば膿皮症も収まってくる可能性があるので、ってこともあって。

でも、本犬、あちこちボリボリボリボリ掻きまくって、なんだか可哀想でね。

k20150818-1.jpg

食事に関しては、ずっとヒルズのid/ローファット缶。

1缶あたり約300円以上かかるので、正直、家計にはまったく優しくない缶詰ですけど、

こてつの体には優しいごはんなので、仕方がない。

9月からこっち毎日残業の日々でヘロヘロですが、缶詰代、稼ぎますよっと。

でもでも。

ちょっと思うのが、こてつにドッグフードを食べさせるようになってから、

こてつさん、オクチがくちゃい・・・。

手作り食だったときには、歯もきれいで臭いもほとんどしない子だったのに。

うーん・・・どうしたものか。

とりあえず、歯みがきを再開するとして、大病を患ったこてつにペット用の歯磨きジェルは使いたくない。

水だけで磨いて効果あるのかしら?

ちゃんと歯石や食べカスを除去できれば口臭予防になるのかな。

ペット用の歯磨きジェルなんかは、主成分がグリセリンだったりします。

まあ、99%神経質なだけかとは思いますけどね、

生死を彷徨うような膵炎を患ったこてつに使う勇気は・・・私にはないのだな。

k20150816-1.jpg


ところで、本日ですが。

朝、起きたら、私の足元に卵クッキー(人間用)の空袋が転がってました。

当然、容疑者は、1人しかいませんし。

クッキーはね、会社でもらってきたものだったんだけど、まったくの未開封状態だったの。

しかも、けっこうしっかりした厚みのあるパックだったから、

だから、テーブルの上に放置してたのよね。

したら、今朝、空になって転がってたわ。

こてつ、未開封の袋を開けるという技を身に付けた模様です・・・。

いったいいつ食べたのかわからないけど、私が気が付いた朝7時と仮定して、

本日は6時間ほど、ごはん抜きで様子を見ます。

油分が多い食べ物ではないものの、膵炎を患った子が食べていい食べ物ではありませんので。

そして、今、こてつ、腹減ったー!なんか食わせろー!と非常に五月蠅いです。

心を鬼ですぞ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。