--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災、その後。

2011年03月21日 01:01

東北地方太平洋沖地震から1週間以上が過ぎました。

まだまだ被災地では、たいへんな御苦労をされている被災者の方が大勢います。

が、それでも、少しずつライフライン、幹線道路などの復旧が始まってきています。

仮設住宅の建築着工が始まった地区もあり、本格的な再生に向けての動きが始まっています。

被災地でたいへんな思いをされている皆さん、

難しいかもしれませんが、どうか、体調を崩さないように大事にしてください。



そして、ここでお知らせとご協力のお願いを。

ポチたまでおなじみの松本秀樹さんが主催する"Natural Dog Style"では

災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名


の協力を呼びかけています。

私も初めて知ったのですが、仮設住宅ってペット連れての入居ができない場合が多いらしいです。

避難所なら壁も仕切りもなく多くの人が身を寄せ合うわけですから理解できるんですが、

仮説住宅って、個人個人で入居するお家のことですよね?

それでも、やっぱりペットはNGっていうのが、国の考えがちょっと意味わからないですが・・・。

署名用紙を郵送しなければいけない、っていうのが若干、手間ですが、

この運動が功を奏して、今後、また災害が起きたときに

"ペットと常に一緒に居られる場所" が当たり前に確保されることを願って。

どうか皆さんのご協力をお願い致します。。



さて。

うちのこてつさんの話しですが。

巨大地震後、甘えん坊具合にかなり拍車がかかっています。

地震当日のように、常にぴったりくっつきたがるというのはなくなりましたが、

私の姿が見えなくなるのを嫌がります。

私が、隣りの部屋へ移動したり、キッチンに立つと必ず一緒についてきてます。

地震前までは、私が外出してもぜんぜんツレなかったのが、

今は、郵便受けに郵便物を取りに行って帰ってくるだけでも、大騒ぎして喜びます。

30分以上外出しようものなら、帰宅するとキャインキャイン鳴き叫んで喜んでます。

また、ちょっと大きめの余震が来ると、私に抱っこをせがむようになりました。

やっぱり、あれだけの地震あと、暗闇の中10時間以上ひとりで留守番していたんですからねぇ。

ペットにもPTSDがあるらしいですし、ちょっと心配です。

110308-41.jpg


そんなこてつの様子を見ていると、

やっぱり四六時中こてつと一緒にいられる仕事をし続けたいな、と思っちゃいます。

家族やご夫婦でのわんこ飼いだと、事情はあれど、まあいろいろ解決策もありそうですが、

シングルマザーは、いろいろ悩みがつきません・・・。

実は、今回の震災で家族から 「これから何かあったときのことを考えると、

やっぱりお前も俺達と一緒に暮らしてた方がいいと思うんだ」って言われました。

きっと、私がちゃんと嫁に行ってれば言われなかったであろう言葉。

正直、ここまでいい年こいても、そんなに "結婚" にはこだわりがなかった私ですが、

ん~、ちょっと今年から真剣に婚活してみっかなぁ。

あーあ・・・

110308-49.jpg

スポンサーサイト


コメント

  1. タツの母 | URL | -

    今回の震災から思わぬ方向に悩みが出ましたね。
    でも我が家のように共働きだったらこの子たち、日中はお留守番だから意味ないんだよね。今回はたまたまとーちゃんがすぐ帰ってこれたけど。
    あの中10時間はとっても長く感じたんでしょうね。人間でも不安になるもん、訳がわからないこてつさんはもっと不安だったに違いないですね。
    でもぉ、、、24時間ずっと一緒には居ることは難しいし、どこかで割り切らなくてはいけないのかなぁ、と私は思ってます。
    有事の際を考えて、我が家はものが落ちないように配慮するとか、うちの子だと確実にわかるようにするとか、、、備えることを重視するようにいたしました。
    DDさんにとって良い答えが出ると良いね。

  2. DD | URL | XtDHfxHE

    ■タツの母さま

    ああ、そうか。タツ家はご夫婦で忙しい共働きですもんね。
    どうしたって日中にお留守番させなくちゃいけない場合だと
    本当に何かあるたびに心配でたまらないですよね・・・。
    我が家も、現状、24時間365日一緒にいることは出来ません。
    専業主婦になりたい、とかつい思っちゃいます。
    備えることを重視、我が家もそう対処して行きたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotetsuday.blog57.fc2.com/tb.php/492-9cf53543
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。