--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月は厄月?

2011年11月15日 12:35

本日、100%飼い主日記です。


今年は春のアレルギーも出ず、健康状態もさほど崩れることもなく、

なんだか比較的順調にやってきた2011年10月まで。

しかしです。

11月に入ってから立て続けに嫌なことが起こってばかりでプチ鬱状態の飼い主です。

アレルギーが出始めたり、ストーカーみたいなおっさんに付きまとわれたり、

もうホント最悪

今度の金曜日は、歯を抜かなくちゃいけなくなっちゃったし、まじブルーですよ。

怪しい怪しいとは思いつつも、ずーっと放置していた上奥歯。

"怪しい" が "なんかちょっと危険?"って状態になったので、

とうとう観念して歯医者へ行ったら、レントゲンではちょっと虫歯になってるので

もともとだいぶ削って薄くなっちゃってるんだけど、

極力、歯は残したいので、ギリギリまで削ってまた新しく詰め物しとけばOKってことだったんだけど、

いざ、中を開けてみたら、レントゲンではわからなかった事実が判明。

残念だけど、もう抜歯以外、手の施しようがない・・・と告げられてきました(涙)


奥歯がなくなっても、ゴハンって美味しく食べられるのかな?

私、親知らずが生えてないんですね、1本も。

なので、抜くのは上7番と呼ばれる歯なんですけど、

歯がなくなったら、まさか入れ歯とかですか!?って先生に恐る恐る聞いたら、

"年齢的にまだ入れ歯というのは嫌だろうし、基本的には入れ歯は考えずに進めましょう。

まず、上下の歯が噛み合わないと、抜歯したのと逆の歯がせり上がってくることがあるけれど、

私の場合は、下5~7番がブリッジのため、上7番を抜歯しても下7番があがってくる可能性は低い。

逆に上7番にインプラントはお薦めしない、ブリッジもわざわざ健康な歯を傷つけるリスクを

犯す必要があるとも思えない。

だから、特に大きな問題が出ない限りは、そのままの人が大多数ですよ" とのこと。

・・・そうなのかなぁ?

ああ、嫌だよ~・・・歯、抜きたくないよー


ただね、ちょっと救いだったのが、

今の歯医者の先生、腕がいいのか機材がいいのか知らないけど、

麻酔の注射が本当にぜんぜん痛くないの!

いちばん最初の注射針が刺さるときに、あれ?今、なんか触れた?ってくらい。

あとは何も感じなかった。

その代わり、かなりゆっくり麻酔を入れたので、1分近くはかかりましたけどね。

だけど、あれにはびっくらこいた。

ここまで生きてきて、あそこまで痛くない麻酔注射は初めてだったわ。

またしても先生に、痛いのだけは勘弁してください、もし痛かったら大暴れますよ?とか

四捨五入したら40に近い年齢のババァにあるまじき態度で食ってかかってみましたが、

「小さな子供でも大丈夫な程度ですから、安心してください」と窘められ、観念。

でも、その後も何されてもまったく痛くなくて驚きです。

家に帰ってからも、麻酔が切れてまあ、ほんのちょっとムズ痒いような感覚はあったけど、

痛みとして感じられるような痛みはぜんぜんなっすぃんぐです。

素敵♪

今のドクターに、子供の頃に出会っていたらきっと歯医者嫌いになることなかっただろうなぁ。

だからかな、そこの歯医者さん、小児歯科もやってて子供も少なくないんです。

でも、泣いてる子は見た事ありません。

小さい子もニコニコしてるの。

泣いてるのは、アラフォーのババァだけだっていう(笑)



結論。

皆さん、歯は大事にしましょうね。

半年に1回メンテナンスしましょう。

歯医者が嫌いでぐずぐずしている方は、観念しちゃったほうがいいですよ。

でないと、私みたいになっちゃいますよ。




・・・なんか2年くらい前にも同じこと書いたような気がする。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kotetsuday.blog57.fc2.com/tb.php/557-e73e15b0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。