--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こてつごはん 12-0212

2012年02月17日 09:26


「丹波しめじとさつまいもの煮物」

k120212.jpg

[材料:豚肉、さつまいも、丹波しめじ、人参、白菜、いんげん]


メタぼん、完食



ご近所スーパーで「丹波しめじ」なるものを発見。
新しいお野菜が大好きな飼い主がそれを見逃すはずもなく買ってみた。
製造元によると、この丹波しめじ、属名は"ハタケシメジ"。
菌類のシメジ科に属し、キノコの高級品「本しめじ」にいちばん近いキノコだそうです。
御存じの方も多いと思いますが、一般に"しめじ"として売られているのはブナシメジ。
本シメジとは、また違うものです。

まあ、本物の本しめじなんて滅多に食べられるもんじゃないですしね。
以前は、菌の性質から人工栽培が困難な品種だった本しめじも
最近は人工栽培に成功しているらしいですが、全国に流通するにはまだ数が少ないみたい。
また、人工ものの本しめじは、天然ものにくらべ風味がけっこう劣るようです。
ならば、分類上いちばん本しめじに近いらしいこの「丹波しめじ」で、
なんとな~く本しめじの味を想像するしかない(笑)

そして。
いざ丹波しめじを食べてみた。
きのこらしいきのこの風味があるしめじでした。
香りが強いので、きのこ好きなら風味があって美味しいと感じると思うけど、
きのこ類が嫌いな人は絶対に無理だと思う

食感は、ぶなしめじに比べ、火を通してもシャキシャキ感が残っていて食感はいい感じ。
ただ、個人的にエリンギのほうが好み。
栄養的には一般的なキノコ類と似た感じで食物繊維や各種ミネラルが豊富。
もしかしたら今後、東京にもどんどん進出してくるキノコかもしれません。
お値段も100円前後とお安いので、もし見かけたら使ってみてはいかがでしょう。


  
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kotetsuday.blog57.fc2.com/tb.php/643-35991ef6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。