--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた歯医者に行ってきた → 気絶しかけた。

2012年10月15日 21:15

歯医者に行ってきたの。

↑ あ、飼い主がね。

だって、ごはん食べる度に歯がズッキンズッキンいうから。

ぜんぜん美味しくごはんが食べられなくてめちゃくちゃ悲しいんだもの。

だけど、痛いのここ1週間くらいだから、そんなに重症じゃないと思ってたの。


でも、レントゲン撮ったら、素人目にもえらく黒い部分が大きい気がする。

「これ、けっこう逝っちゃってるってことですかね・・・?」って聞いたら

先生「んー、コレ(レントゲン)で見る限り、神経に近いとこまで行ってる可能性あるね」って。

目の前、真っ白。

そのまま倒れそうになったのよね。


でも、今回も、ほぼ有無を言わさない状況で椅子は倒されまして。

「じゃあ、麻酔かけて削りますね~♪」って先生、妙に明るい感じで。

先生、あたし、意識ほとんど死にかけなんですけどぉー


でもね、麻酔はまたまたぜんぜん痛くなかった。

やっぱり今の先生、麻酔は上手。

そして、麻酔が効くまで1分ほど放置した後、格闘開始。

結局、神経まで逝っちゃってたので、そのまま抜髄治療になりまして。

しかし、神経にドリルが触った瞬間でしょうか・・・激痛が走ったので顔が歪んだ。

どうやら、神経のほうまで麻酔が効いていなかった模様。

そのため、神経に直接麻酔します、ってことになって。

冷静に考えられる状態なら「神経に直接、麻酔ってなんかそれ凄く痛そうなんですけど!?」って

思えたんだろうけど、こっちはもう既に瀕死状態。

されるがままのまな板の上の鯉でございます。

「一瞬だけチクっとしますけど、すぐに痛みはなくなりますから頑張ってください」って言われて

一瞬なら・・・って覚悟決めたけど・・・。



神経に直接麻酔・・・もう二度としたくない(TωT)



たしかに、痛かったのは1秒くらいだったけど、だけど、その一瞬の痛みたるや。

なんと表現していいのでしょうか。

神経に直接注射されてるというか・・いや、実際、直接注射してるんだけどさ(笑)

神経を紙ヤスリで1回、ズって直接滑らされたようなというか。

ああ、思い出すだけで、痛いわ・・・。

とにかくそんなとんでもない痛みなわけですよ。

痛みって、それを経験したことある人じゃないとわっかんないもんなぁ。


でね、とにかく、そんなとんでもない痛みが一瞬あって、

でもそのすぐ1~2秒後には、まったく何も感じなくなってさ。

あとは、すっかり気が楽になったけど、でも、私、最後まで脚ピーンってなってた(笑)



今、麻酔が切れて3時間くらい経ったのね。

痛みもだいぶなくなってきたけど、まだ少しシクシクするわ

すんごくお腹も空いてるし、何か食べたいんだけど、怖くて食べられない。


みなさん、わんこ共々、私みたいなことにならないように、歯は大切にしましょうね。

  
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。