--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こてつ、怪我をする(たぶん)

2014年04月11日 23:06

あちこち春を満喫した4月上旬。

その締めくくりに、こてつさん、怪我をしました・・・

20140408-99.jpg

っていうか、たぶん怪我。

火曜日の夜、こてつが左足をペロペロしているのには気がついていたんですよね、私。

だけど、いつもみたいに足裏の毛が伸びて気になっているのだと思って、スルーしちゃったの。

んで、水曜日、私が帰って来たのが18時30分少し前。

こてつが、いつも通り私の帰宅をひとしきり喜んだあと、床に座り込んで左足の肉球を舐め続けるのね。

いつもなら、私が止めなさいって言えば、肉球舐めるのちゃんと止める子なんですけど、

私の言いつけを聞かないくらい執拗に肉球ペロペロしてるので、さすがにおかしいって感じたわけ。

20140405-10.jpg


で、こてつの左足をチェックしたところ、肉球の間の皮膚に何やら怪しいイボのようなものが出来てたのよ。

しかも、舐め続けたせいか、何かの刺激があったのか、イボの先が潰れたようになって、出血している状態。

もーすっごいビックリしましたよ。

ただの切り傷なら、少し様子見ってことにするところでしたが、明らかにイボ状の腫れ物が出来ているので

もし、何か悪い病気だったらどうしようと思うと、不安だし精神的に気持ち悪いのですぐに獣医さんへ・・・

と思ったのですが、このとき既に18時40分。

かかりつけの獣医さんの診療時間は19時まで。さらに、翌日、木曜日は休診日。

だけど、私は居ても立ってもいられず状態なので、とりあえずは電話でどうすべきか相談。

そしたら、19時過ぎても大丈夫ですからって言ってくれたので、速攻タクシーで行ってきました。

20140408-30.jpg


でね、獣医先生ね、私が電話で相談した時点では、

散歩中に何かを踏んで傷をつけてしまった可能性が高いだろうって、想像していたらしいのですが、

実際にこてつの患部を見て「!?・・これ、イボ出来てるんじゃないの? んん?? ちょっとよく見せて」って。

それ聞いて、私、気絶しそうになったけど。

で、先生がイボを押してみたら、中から膿が出てきたのよね。

それ見て、私、今度は違う意味で気ぃ失いそうになったわ

でで、膿が出てきたこと、足を舐め始めたのが(おそらく)前日から、ということを考慮すると、

病的な腫瘍というよりも、やはり、

何か鋭利なものを踏んで傷 → そのまま歩いてバイ菌入る → 化膿 → 気になって舐める → さらに悪化

っていう可能性が高いってことになりました。

ただ、病気という可能性も捨て切れたわけではないとのことで、

まずは、一週間、抗生物質で様子を見てみることになったのですが、

患部を保護するために、こてつの足、ぐるぐる包帯巻き巻きされてきましたよ。

20140410-2.jpg


挙句にはカラーで包帯を保護。

こてつ、ご機嫌ナナメでふてくされました(笑)

20140410-1.jpg

もう今は包帯巻き巻きの足に慣れたみたいで、家の中を走り回ることが出来るまでになりましたけど、

昨日くらいまでは、固定された足を上手に動かせずに、ケンケン歩きしたり、コケたりしてましたよ



しかしね。

診療費がさ、ちょっとお高くてねぇ・・・。

今回は、テーピング代(消毒・薬剤塗布含む)が高かった

再診料、注射2本、処方薬を加えて、合計¥8272。

まあ、アニコム使ったので、結局この半額で済みましたけど、

私の場合、給料日直前だったので、痛いっちゃ痛い。

20140410-3.jpg


それでも、アニコム入っててよかったぁ~、とつくづく思ったよ。

アニコムって、その場で保険が適用されるから、現金がなくていいもんね。

やっぱ、後から請求するタイプより楽です。

しかし、アニコム、90%保障が無くなり、70%も最初から加入している人以外、入れなくなりましたしね。

50%保障の人も、今後は簡単に70%にアップグレードすることが出来なくなったんですよ(条件あり)。

それだけアニコムの需要が多くなってて、補償が追いつかなくなる可能性があるんでしょうねぇ。

アニコムにはぜひとも今度も頑張っていただきたいですわ。



何はともあれ。

こてつの足がただの怪我で、来週の再診時には治っていることを願うばかりです。

    
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。