--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院3日目(2) ~急性膵炎 忘備録#3-2

2015年07月05日 18:12

4月5日(日)

午前中に病院へ電話して状況を聞いたけど、

エコー結果が悪くなってるとの報告に、私もういても立ってもいられない。

何をどうしていいのかわからない。

一人で地味にパニックを起こしてました。

そして、我慢できずに、夕方また電話。

先生も辛抱して付き合ってくれました。

本当にすみません・・・。

その結果、今日1日は、小康状態で特によくも悪くもなってない。

点滴してるので、おしっこはかなりしてるみたい。

初日に採血した血液のCRPの結果が来て(外注)、これが1.4と高い(正常値0~1.0)ことから

やはり明らかに体内のどこかに炎症があることは確定。

明日、また血液検査を行うとのこと。

そして、午前中に行ったエコー検査の所見について、

犬膵特異的リパーゼと、その他血液検査の結果から十二指腸と膵臓が

炎症を起こしているのは間違いないが、こてつの場合は元々がお肉ついてる子なので、

もしかしたら、エコーで見えている膵臓の浮腫み?腫れ?だったかな・・・それが、脂肪の可能性もある、と。

もちろん、この場合は病気ではなく、ただのおデブちゃんということ。

肥満も病気と捉えるとすれば、痩せなさい。 これがお薬ということ。

エコーというのは、CTなどと違って、あくまでも白黒画像で内臓の状況を「読み取って」みる検査であり、

エコーだけ、血液検査だけ、レントゲンだけ、で診断を下すものではないといわれました。

そして、あとは獣医師の経験に基づく勘、これで今後の治療方針を決めて行くことになる、と。

なお、入院が長引きが決定したことで、面会謝絶が解かれました。

明日、こてつに面会してきます。

3日ぶりに会える!

喜んでくれるかな。

私、泣かないでいられるかな?(←こっちのほうが心配だわ


この3日間、ネットで何度も何度も情報を探した 犬の急性膵炎 のこと。

どうせ何度見ても同じサイトに同じことしか書いてないのはわかるけど、

何度も確認せずにはいられないのです。

急性膵炎から復活した子の情報を片っ端から集めまくって、

今のこてつと状況が近かった子の情報をさらに収集。

そして、そんな中、ふと思った超現実的なこと。

入院費、治療費、検査費用、合わせていったい幾らの請求来るだろう・・・

おそらく10万は下らないだろうなぁ。

15万程度は覚悟しとかないとかなぁ・・・アニコム使ってどこまで割引されるか。

私が加入しているアニコムのプランは、

使用回数は無制限、ただし1日最高額¥10000までが50%で保証のプラン。

つまり、2万円/1日までの請求に対し50%割引なので、

毎日の治療費と検査費用が10000として、入院費も10000と計算すると、1日あたり¥20000。

その50%なので、現金支払額は¥10000/日×7日間とすると・・・¥70000か

今回はとってもお高い外注検査を何種類か申し込んでいるので、おそらく、確実にこれより高額になるはず。

カード使えなかったらどうしましょ。

まあ、こてつが無事に元気で帰ってきて、

これからもずっと長生きしてくれるならそれが何にも変えられない最高のプライスレスだけど。

病院、カード使えますように・・・



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。