--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院後2日目 ~急性膵炎 後記

2015年07月18日 21:57

こてつ、退院してから2日目。

すっかりリラックス生活に戻ったこてつさん。

元気の調子はまだまだ本調子ではありませんが、

ごはんも毎食すごい勢いで完食しているし(もちろん嘔吐なし!)、

ケロちゃん(ぬいぐるみ)相手に腰をふりふりするくらい元気ではあります

っていうか、1日に何度も何度もフリフリしてるんだけど、どんだけストレス発散してんだか

まあ、腰ふりふりが良いか悪いかは別として・・・

今はね、こてつの体力がしっかり回復するまでは少し甘やかしてあげたいと思ってます。


食事については、ヒルズのi/d ローファット缶を、15gずつ1日4回に分けて与えています。

でも、15gってビックリするくらい少量なのね。

だから、元来食いしん坊のこてつは、常に空腹状態。

食べきった器がピカピカになるほどまで綺麗に舐めて、もうないの?って顔して私を見上げてきます

でもね、ここだけは甘やかすわけには行かないのでね、我慢してね。

おそらく、上記のマウンティングも食欲が満たされないためのストレス発散かと思います。

お散歩はもちろん、家の中でがっつり遊ぶのも体力を使ってしまうので、

まだまだ出来ませんから、ストレス発散できるものが腰フリしかないですもんね。

ちなみに、食事に関しては、私自身も、こてつの前では食事やお菓子などを食べないようにしており、

お昼は外でサクッと食べて、朝と夜はキッチンで立ち食いしてます(笑)

そのおかげで、この2日間、食事では私がまったくリラックスできてないですけどねぇ

私だけ美味しいものを食べているところを見せては可哀想だし、

美味しそうな匂いが膵臓に何か刺激を与えてしまう可能性(・・・があるかどうかは分かりませんが)、

それを考えるとやはり怖いですし、

美味しそうな匂いをきっかけにして、療養食を食べなくなっては本当に困ってしまいますから。



こてつが今食べているヒルズのi/dローファットは、つい最近発売されたばかりの超新商品で、

扱っている獣医さんがめちゃくちゃ少なく、

また、ネットで検索しても扱ってるお店がほとんど見つからないくらい。

病院からもらってきたのは大きい缶1コ。

これで、今のこてつの食事間隔だと約4日分ありますが、今日あわてて次の注文したけど間に合うかなぁ。

ヒルズのi/dって、消化器サポートの療養食として、広く使われているシリーズですが、

ローファットは、より膵炎の療養食としての色が濃くなった商品とのこと。

生姜の風味が少しは手作り感を醸し出しているのか、ドッグフード嫌いのこてつがパクパク食べます。

療養食なんて絶対に食べない・・と思っていたので、これはかなり嬉しい誤算でした。

こてつのために、ペット栄養管理士やペット食育士の資格も取りました。

が、その勉強をしているときから、療養食を手作りすることの難しさは壁でした。

いつかこてつに療養食が必要になる場面が来てしまったときに、

その病気に対しする完璧な療養食を作ることが出来るのか、まったく自信がありませんでした。

そして、その時が、今回、突然、それもこんなに早くやってきたわけです。

絶食の期間が長かった・・・おそらくそれが最大の理由かと思いますが、

今回、こてつが何の問題もなく療養食を食べてくれたこと、本当に助かりました。

こてつはパピーの頃から偏食が酷く、何をしてもドッグフードを食べてくれない子だったので

手作り食になったわけですが、今回のことでドッグフードを食べさせる方向に転換しようかと思っています。



尚、こてつさん、元気は元気なんですけど、2週間の絶食&入院生活で、すっかり体力が欠落状態。

病気する前には、ピョンっとひとっ飛びで上がっていた私のベッドに上がれなくなっています。

↑この「ひとっ飛び」は腰を悪くする可能性があるため、このジャンプ防止のために、

私のベッドサイドには約3段ほどの犬用ステップも置いてあるのですが、

このステップも一気に駆け上がれず、ズコっとこけながらヘナヘナと上がってきます。

マウンティング中も、その最中にはカッカカッカと興奮してますが、

やっぱりすぐに疲れちゃうみたいで、腰フリに満足したあとは、ヘタ~っとなってます。

まあ、急がず焦らずゆっくりと、こてつの体力回復に努めて行きたいと思います。


本日、清算のために私だけ病院へ行ってきました。

そして、最終で外部に出したSPEC-CPLとCRPの結果が出ていました。

SPEC-CPLは、300。

CRPは4.3。

どちらも、まだもうちょっと正常範囲より高く出ちゃいましたけど、順調に下がってきています。

先生からも、あともう少し頑張りましょう、と言っていただけました。

【SPEC-CPLの推移】 960→680→300 (≧200)
【CRPの推移】1.4→11.4→4.3 (0~1.00)

次の検査は、2週間後の予定です。

食事を開始してから初の検査になりますので・・・めちゃくちゃ緊張しちゃいます

尚、昨日のブログにちょっと心配点として書いた水のがぶ飲みですが、

先生曰く、絶食治療した後の子にはよく見られる症状で、特に心配はないとのことで一安心。

飲水については制限なし、自由に飲ませてOK。

うんちについては、膵炎になる前のいわゆる「宿便」が出ていると思われるので、

昨日・今日出ているものよりも、2~3日後に出る便について要観察ということでした。


そして、今回の急性膵炎のための入院と治療費ですが、

さすがに2週間の入院生活には、お金かかりますねぇ・・・

入院費自体は3000円(×15日)と思ったより安価でしたが、

毎日の検査費と点滴が大きいですねぇ・・・総額で、382,000円となりました。

ぶっちゃけ、この金額、私にとって痛いなんてもんじゃないです。

が、こてつが元気で戻ってきてくれたことは、最高のプライスレス。

金額には返られるものではありません。

だから、こてつ、また病院に逆戻りにならないように、確実にお家で治して行こうね!

私、本日よりボンビーガールです(笑)

日々、節約に努めます。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。